Profile

枝並 千花

枝並 千花

CHIKA EDANAMI

4歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部卒業。
1998年第52回全日本学生音楽コンクール中学生の部全国第1位。東儀賞、兎束賞、都築音楽賞受賞。
2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第3位入賞。2003年第24回ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール優勝、及びソナタ賞受賞。ミラノにて受賞コンサート出演。2004年「井上道義の上り坂コンサート」にソリストとして出演。同年、大友直人指揮、東京交響楽団と共演。2005年ソウルにて日韓交流演奏会に出演するなど、学生時代から多くの演奏会に参加。クールシュヴェール音楽アカデミー(2002~2005フランス)、京都フランスアカデミー(2003)、ビアリッツ音楽アカデミー(2005フランス)などに参加。これまでに奥村和雄、辰巳明子各氏に師事するほか、ザハール・ブロン、ジェラール・プーレ、レジス・パスキエ、ドン・スク・カン、シュロモ・ミンツ、マキシム・ヴェンゲーロフ各氏に指導を受ける。

2006年4月東京交響楽団へ入団。退団後はソリスト、室内楽奏者、コンサートマスターとして幅広く活動。日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団等にゲストコンサートマスターとして招かれる他、IDINA MENZEL、IL DIVO、2CELLOSなどの海外アーティストのジャパンツアーのコンサートマスター、X Japanコンサート、YOSHIKIディナーショーでもコンサートマスターとして出演。宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ、東京春音楽祭などの出演に加え、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師として後進の指導にも力を注いでいる。

2009年CHANEL Pygmalion Days アーティスト。同年デビューCD「夢のあとに」をリリース。2012年4月に開催されたリサイタルでは、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタをはじめとする意欲的な作品を取り上げ高い評価を得た。2014年6月、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタが日本初録音された2ndアルバム「naked」をリリース。
同年7月、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団と協演。2016年12月ユニバーサル・ミュージックより、3rdアルバム「LOTUS」をリリース。
2018年6月、自身率いるオーケストラプロジェクト “ORCHESTRA POSSIBLE(オーケストラ・ポッシブル)”初のフルオーケストラ公演を成功させた。

Concert

2015.7.11-12 JAGMOコンサート「伝説の戦闘組曲」
2015.7.2 2CELLOS 日本ツアー サントリーホール追加公演
2015.6.1-5 IDINA MENZEL(イディナ・メンゼル)日本ツアー コンサートマスター
2015.2.7-8 JAGMOコンサート「伝説の交響楽団」
2014.11.17-18 THE BEN FOLDS ORCHESTRA EXPERIENCE JAPAN TOUR 2014
2014.5.29 マキシム・ヴェンゲーロフ&ヤングアーティスト
2014.2.26-3.10 L DIVO LIVE IN JAPAN 2014
2014.10.6 パブロ・シーグレルと日本の仲間たち

Contact

枝並千花へのお問い合わせにつきましてはCONTACTよりご連絡ください。

PAGE TOP